モノづくりの舞台はここにある


【本日の社員データ】
野宮さん(入社7年目)中途入社、30代前半。
オンラインビジネスユニット 企画営業チーム ビジネスディレクター
前回は自分の夢が見つかった、という野宮さん。北京から帰国して思うこととは!?
朝会議個人発表テーマ:私がルクレに生き残っている訳

植松:おかえりなさい、野宮さん。もう日本の生活には慣れましたか?

野宮:もうね、うれしくって仕方がないの!ようやくチームのみんなと
顔を合せて一緒に仕事ができる、モノを作っていけるなぁ~って。
だって、ありえないよね、こうやって夫の仕事の都合で日本を離れて、
その間も仕事をさせてくれて、戻ってこれるなんて。普通だったら、
会社を辞めるか、休職するか、とにかく会社からは離れることになるのに。

植松:確かに、スカイプでつながってましたもんね!今となっては
懐かしいですね、棚の上に置かれたモニターには北京にいる野宮さんが
映っていて。呼びかけると「は~い」って返事してくれて、その場で打ち
合わせなんかもしてましたよね。そういうところは、ルクレの柔軟なところ
かもしれないですね。

野宮:うん、そう思う。私も産休・育休を取ったけど、その時も、
よく話合って、お互いがうまくいくように、異動だとか、短時間勤務だとか、
配慮してもらったよね。今も育休中のママさんが3人いるけど、みんな早く
ルクレに戻ってきたい、周りもみんな早く戻ってきてって思っているんじゃ
ないかな。

植松:そうですよね。「その人が大切だと思ったら、その人が働きやすい
環境を提供するのが、会社にとっても良いことだ」って、ルクレの採用
情報にも書いてあるんですけど、そういうことなんだと思います。

野宮:うん。北京に行って、戻ってきて、やっぱり私はルクレでがんばって
いきたいって、腹をくくったんだ。せっかく見つかった「敏腕ディレクターに
なる」っていう夢に向かって、できることは何でもやろうって決めたの。

植松:へ~。でも、そこまで「ディレクター」の仕事にこだわる理由って
なんですか?

野宮:そうだね~、もともと私は会計に興味があって、実は経理として
入社したの。正直、モノを作ることには最初興味なかったんだ。
それから育休をとって復帰したときに、サービス運営のお手伝いをする
機会があって、そこで作る現場を目の当たりにしたんだけど、それが衝撃で。
自分もやってみたい、参加したいって心の底から思ったなぁ。

植松:なんとなくわかります、それ。作れる人ってすごいんですよね!

野宮:そうなの!私には技術力もないし、デザインもできないから、
実際に自分の手を動かしてモノを作ることはできない。だけど、作れる人と
一緒にモノづくりをできる、それがディレクターの仕事なんだって分かって
・・・学生のころから、本気で目指せる何かが見つからないことが悩みだった
けど、、やっと夢が見つかって、これからがんばってやっていこう、という
ところなんだ。
今私はアンドロイダーの全体を見ることをやっているんだけど、他の誰より
もAndroidのこと、サイトのこと、チームのメンバーのことを知っていないと
いけないんだよね。まだまだ私には足りないところもあるから、早く貢献
できるようにがんばらないと!

植松:すごい、熱意が伝わってきます!
学生さんで、目指せるモノが何か分からないという人はいると思うので
共感できる人がいそうです。あ、そうだ、来週、会社説明会を開催する
んです。いらっしゃる学生のみなさんに、何かメッセージをください!

野宮:そっかそっか。そうだね~、ルクレは人数の規模は大きくない会社
だけど、モノづくりのひと通りを経験できるから、何でも自分でできるように
なる実力がつくの。まだ夢が見つかっていないっていう人も、まずは自分に
できることを一生懸命、100以上の力でやり続けたらいいと思うんだ。
そうやっている内に夢が見つかるから。見つかったら、あとは実現するため
に進むのみ。モノづくりの舞台はここにはあるからね。

植松:そうそう、ルクレは「肥沃な大地」ですからね。まずは会社説明会に来て、
どんな舞台のある会社か見ていって欲しいです。って、最後宣伝になっちゃい
ましたが(笑) 野宮さん今日はありがとうございました~。

出産前よりも、今のほうが仕事にかける想いが更に熱くなった

 

【本日の社員データ】
富山さん(入社7年目)新卒入社、20代後半。
オンラインビジネスユニット 企画営業
学生時代はバレーボールで汗を流した体育会系!なんと4歳児の母でもあります。
朝会議個人発表テーマ:私が一人前の営業になれた訳

植松:本日はルクレ新卒第一期生の一人!富山さんにお話し聞きます。
朝会、おもしろかったよ~。

富山:本当ですか!?嬉しいですね~。アレって、大変は大変だけど、
その1年の振り返りにもなるし、上司と「仕事について、私について」って
改めて話が出来る場なんですよね。上の立場の人のモノの見方を知ること
ができるから、そこを目指して次の1年をまた頑張るぞ、と思える。

植松:そうなんだよね、自分の立ち位置の再確認ができるというか。
その分、準備も大変だったりするけどね(笑)
今回は「一人前の営業になれた訳」というテーマだったよね。

富山:はい。タイトルは言い過ぎちゃった感があるので忘れてほしい
んですけど(照)私一人の力じゃないですからね、明らかに。
開発の人がいて、サポートや運用の人がいて、みんなの力で
成り立っているのはもちろんなので。
今回、私が伝えたかったのは、自分がやってきたことは間違いじゃ
なかったんだ、ということなんです。今、印刷業界をターゲットにした
システムの企画・営業をメインでやっているんですけどね、スタート
した2年前は本当に不安だらけで。私は営業についてだとか、
マーケティング手法だとかをきちんと勉強してきたわけではないので、
果たしてこのやり方が合っているのか、自分は正しいのか、
分からずに、壁が出てくるたびに全力でぶち当たってきたんです。

植松:毎回?

富山:はい、毎っ回。印刷という業界柄、営業先に行くと、相手が
一回り、フタ回り年上ということもざらにあって。その偉い人たち
相手に自分たちのサービスについて話をするときはお腹が
痛くなっちゃうくらいプレッシャーを感じていました(苦笑)
これが正しいの?私はこの場で戦えるの?誰もやったことが
無いことだから、相手に受け入れてもらえるかどうか、という
怖さが常にあって。
印刷業界に対して私がやりたいことは、ユーザーが喜ぶ
フォトブックビジネスで印刷屋さんも、プリンタメーカーもみんなが
幸せになること。最初はとにかくテレアポをしたり、業界向けの
セミナーを開催したり、いろいろ試行錯誤をしてきた結果、
今では目指す先がはっきり見えています。

植松:何が正しいか正しくないかなんてないし、自分達で
サービスを作っているから、「前例」もないんだよね。

富山:はい。大変なこともありますけど、だからこそ、仕事が
楽しくて仕方がないんです。自分の考えでこんなに色々な
ことができるのって、ルクレじゃないと出来ないと思うんですよ、
本当に。自分の自由な時間は趣味とか遊びとかじゃなくてぜ~んぶ
仕事に充てたいと思っています。

植松:すごいね!そうだ、富山さん子供ちゃんいるもんね。

富山:はい。私には4歳になる息子がいるんですが、
出産前よりも、今のほうが仕事にかける想いが更に熱くなった、
と感じています。仕事も存分にやりたいし、家庭も大事にしたい。
もっとそばにいてあげた方が本当は息子のためだと思うし、
良い母親だ、とも思うんですけど、そこはちょっとだけガマンをして
もらって、平日も遅くなるときはパパに面倒をみてもらって。
その分、一緒にいれるときは、愛情を注いでいっぱい遊んで
あげて・・・そんな風にして私は両立しています。

植松:なるほどね。どっちに対しても本気っていうのが伝わってくるね。
そういえば、また新しいサービスを考えてるんでしょ?

富山:そうなんです。「みんなのデジブック広場」で培った
ノウハウで、今度はいろいろな業界をつないで、ユーザーも
提供側もHAPPYになれる、そんな新しいシステムサービス
なんです。年明けにはリリース予定なので、楽しみにして
いてくださいね!

植松:自社サービスもやりながら、それを糧に新しいビジネスを
生み出すとは・・富山さんやっぱりパワフルだね!今日はありがとう~